5日と20日は歌詞と遊ぼう。

歌詞を読み、統計したりしています。

槇原敬之『どうしようもない僕に天使が降りてきた』のただの物語じゃない描写に気を取られて書いてたら字数が増えてきた

きょうは、槇原敬之どうしようもない僕に天使が降りてきた』という曲の話。1996年の曲です。

歌詞の始まりはこういう感じ。

勢い良くしまったドアで
舞いあがった枕の羽根
今夜はついに彼女を
怒らせてしまった
昔の恋人のくれた
めざまし時計を
何度言われてもずっと
使ったのが気にいらない

ここからシーンが変わり、舞台も変わり、お話はどんどん進んでいきます。この歌詞は、物語型なのです。

その後J-POPの中で、物語を描いた歌詞は流行していきます。

だけど、この歌詞の物語の描き方は、そのあたりとはちょっと違うように思います。

きょうのはそういう話。

槇原敬之『どうしようもない僕に天使が降りてきた』歌詞

続きを読む

偽装量産型ラブソングのトリック - のあのわ『Sweet Sweet』

きょうは、のあのわ『Sweet Sweet』という曲の話!

(動画の音声おかしい…? わたしだけ?)

サビの歌詞こういう感じ。

Love Love メロディーが
Sweet Sweet な言葉が
ねぇ 聞きたくて

なるほど! 量産型ラブソングだな!!

って気持ちに一瞬なります。わからなくはない。

でも、終わり方が、ふだんの量産型ラブソングとはちょっとちがう感じ。

愛を止めてよ

何も残さないで

「何も残さないで」…?

きょうはその話。

のあのわ『Sweet Sweet』歌詞

続きを読む

Music×Analytics Meetup #muana に行ってピザいただいたし、ピザに負けないぐらいおいしい思いしてきた!

先日、Music×Analytics Meetupに行ってきました〜! 音楽に関するデータ分析のイベント!? 行くしかないじゃん!! ってわけで、参加させていただいたのです。

抽選だったんだけど当選できてうれしい〜〜。

わたしはふだん言語学とかのイベントには比較的よく行くんですが、データ分析のイベントにはほとんど足が向きませんでした。

というわけで、カルチャーのちがいをたくさん感じてきたので、そういう文章を書いたぞ✏️

続きを読む

「ほうき星」を歌う曲はほんとうに“彗星”を歌っているのか調べたら国語辞典に不満が湧いてきた。

こんにちは!

こないだ紅白歌合戦を見てて、思ったことがあります。

J-POPに出てくる「ほうき星」、じつはほうき星ではない率高くない?

ほかにも、例えば三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE『R.Y.U.S.E.I.』という曲があります。

www.uta-net.com

この曲、タイトルは「流星」とありますが、歌詞の中にはこういう部分があります。

全速で STARS SHINE 駆けるほうき星が

一般に、「ほうき星」は流星とはちがいます。

ほうき星って流星ではなくて、彗星のことを指すはずなんですよね……。

これってほかの曲もわりとそうなのかな? ってわけで、調べてみました!

続きを読む

#衝撃を受けたBUMPの歌詞 を集計したら俺が機械学習になった

こんにちは!

先々週ぐらいになりますが、Twitter#衝撃を受けたスピッツの歌詞 というハッシュタグがトレンドに入りました。

そのあとも続々と、 #衝撃を受けた特撮・アニソンの歌詞 #衝撃を受けたサカナクションの歌詞 とかがたくさん拡散していました✨

今回はその中から、 #衝撃を受けたBUMPの歌詞 を集計してみました!

そしてどの曲が一番人気か、さぐってみようと思ったのでした。

わたしが思っていたあれは3位で、人気はなさそうだけどこれ好きだなと思っていたあれは1位でした。

お楽しみは、スクロールの先で!

続きを読む