5日と20日は歌詞と遊ぼう。

歌詞を読み、統計したりしています。

ふくらみ続ける「ファミリー」の概念を、図示しながら追いかける - でんぱ組.inc『愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ』

でんぱ組.inc『愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ』の歌詞の話をさせてください!

この歌詞の「違くてて」という表現が「毎日ことば」で取り上げられたこともあり、辞書界隈でも有名な歌詞です!(←?)

mainichi-kotoba.jp

さらにこの歌詞、どうやら「語釈」(「(辞書の)見出し語の意味の解説」*1のことです)という単語を歌詞に唯一使っているJ-POPのようです。

やはりなにかと辞書に縁がある……。

しかしそれはきょう話したいことと違くてて、きょうはね登場人物の話をしたいです!

この歌詞のAメロこういう感じなんですけど、

私たちを愛してて
あなたたちを愛してて
必要十分条件

「私たち」「あなたたち」という登場人物が出てきます。でんぱ組.incのメンバーと、それからそのファンを指しているのかな、っていう予感。

ふつう冒頭でこのふたつが出てきたら、「私たち」と「あなたたち」の間で歌詞が紡がれることが多いと思います。

が、この歌詞はそんなことはありません。

登場人物が、この後もがんがん出てくるのです。なんで。

J-POPでも3人ぐらいまでならままあるのですが、歌詞は小説ではないので、3人を超えるものはほとんど見ません。

大親友の彼女のツレ」っていうだけでじゅうぶん紛糾しますからね……。

きょうはそれを乗り越えて登場人物がいっぱい出てくるとこに注目して歌詞を見てみます!

登場人物祭り

改めまして、Aメロの歌詞はこういう感じでした。

私たちを愛してて
あなたたちを愛してて
必要十分条件
我々はすでにファミリー

「私たち」「あなたたち」に追加して「我々」という人称代名詞が出てきます。

ところで急にむずかしい言葉持ち出すんですけど、日本語も英語も、一人称複数の人称代名詞はひと種類だけです。

でも言語によっては包括形と除外形を区別することがあるんですよね。

日本語では「私たち」と「我々」は(言葉のかたさみたいなのはけっこう違うけど)指している範囲はふつう同じになります。

だけどこの歌詞では「私たち」と言った直後に「我々」という別の言葉が出てきます。

別の言葉が出てくるのは、きっとそこに意味の使い分けがあるからです。

この歌詞では「私たち」=除外形、「我々」=包括形、という使い分けがあります。

「私たち」には「あなたたち」が入らないけれど、「我々」は「私たち」も「あなたたち」も両方指すのです。

この歌詞では、登場人物はこういう区別がなされながら進んでいきます。

図示すると、こうです。

f:id:hacosato:20210220182740p:plain

これを踏まえて、続きいきますね。

「愛してんよ」
一親等も百親等も関係なくない?
人類出身ピッチピチ お魚ちゃん

「人類」が出てきました。

これは「我々」よりも範囲が広そうなので、新たに図に書き加えます。今回の歌詞の中でもっとも広い範囲のようです。

f:id:hacosato:20210220183137p:plain

さらに続き。

人にゃ人の幸せがあり
人にゃ人の地獄あるんな
妬み嫉み 指くわえて見んのなんかやめよ

「人」も出てきました。

ここでは「人間だれしも」ということなのだと思います。が、
人∈人類
ではあると思うので、さらに書き足します。

f:id:hacosato:20210220183354p:plain

続きを見るとこういう感じ。

我々は 死なばもろともで 運命共同体で 君は僕で
まき散らせ
愛 愛 愛 愛 愛 有形無形に Fall in Love

「我々」はすでに見てきた集合なのですが、その中に「君」「僕」があります。

「君」は「あなたたち」の、そして「僕」は「わたしたち」なかのひとりなのだと思います。

ファンの中のひとりと、メンバーの中のひとり、かな?

この歌詞の中で、主人公は「愛 愛 愛 愛 愛」と愛を降り注ぎます。

だれに? それは「だれもに」ということなのだと思います。「君」がいっぱいいて「あなたたち」になって、その「あなたたち」に注いでいるといってもいいのでしょう。

f:id:hacosato:20210220184222p:plain

ところが、愛の注がれる範囲はそこにとどまりません。

興味ない勢も 他界した君らも 聴いてって!
音楽に優劣はない ギッチギチに
充填してさ お届けです
愛 愛 愛 愛 愛 超濃縮 還元着弾

「興味ない勢」「他界した君ら」が出てくる連にも「愛 愛 愛 愛 愛」が注がれます。すごい愛。

「他界」というのは、アイドルのファンをやめること、ですね。

この両者は「我々」ではないけれど、「我々」同様にお魚出身の「人類」ではあるので、図示するとこうなります。

f:id:hacosato:20210220185037p:plain

ここまで「我々」はメンバーとファンを指しているのではないかと思いながら図を書いてきましたが、メンバーとファンは人類の中ではほんとうにわずかな存在です。

その中で、こういう歌詞が綴られます。

歌もダンスもなんだかなぁ
そんなうちらが誇れるのは
愛し愛される 人の覚悟!

「うちら」??

「歌」や「ダンス」をするのはたぶんアイドルなので、「うちら」はこの図の中でいうと「私たち」に当たりそう。

「私たち」に比べて、「うちら」はとてもカジュアルな感じがします。

「あなたたち」の対として「うちら」はちょっと座りが悪いな…って思いつつも、図に書き加えて次に進みます。

f:id:hacosato:20210220185955p:plain

そうやって読み進めていくと、ちゃんとそれに呼応する歌詞に突き当たります。

永遠に 想うんだな 好きなんだな
もういい加減 伝わっかな
愛 愛 愛 愛 愛 お前ら 愛してる

「お前ら」!!!!!

考えてみたらこの歌詞は、タイトルにもある通り、ひととの関係を「ファミリー」になぞらえたものだったのでした。

それにしては「あなたたち」ってちょっと他人行儀なんですよね。家族ってもっとカジュアルな言い方が似合うような。

そんな中で「お前ら」が出てきて、これこそ「うちら」と対になる二人称じゃん!って思うわけなのでした。ありがとうヒャダインさん😭😭😭

ところで。

「お前ら」は「あなたたち」のことなのでしょうか。

わたしは、それ違うと思うんです。

「愛 愛 愛 愛 愛 お前ら 愛してる」って表現に注目します。

この「愛 愛 愛 愛 愛」って表現、前にも出てきたので振り返ると、こういう部分があったのです。

興味ない勢も 他界した君らも 聴いてって!
音楽に優劣はない ギッチギチに
充填してさ お届けです
愛 愛 愛 愛 愛 超濃縮 還元着弾

「興味ない勢」や「他界した君ら」にも「愛 愛 愛 愛 愛」を贈っていたんですよね。

こ↑のふたつの集合にも「愛」は注がれているように、わたしは思います。

つまり、「うちら」以外の全員が「お前ら」なのです。

f:id:hacosato:20210220191044p:plain

そして最後の部分にいきたいんですが、その前にこの歌詞の最初を確認します。

最初はこうでした。

愛が地球 救うんさ!
でんでん でんぱ でんぱ
でんぱ is ファミリー

「でんぱ is ファミリー」ってことは、これを書いているわたしは、とくにその家族の輪には入っていません。

しかし、この歌詞の最後を引用します。こうです。

未知数のフェイズ 来たとしても
変わらないの 変わるわけないじゃない
レディースもジェントルメンもいくよ!せーの!
6人と地球にいるみーんなででんぱ組.incです!

この終え方めちゃくちゃよくないですか……。

俺もでんぱ組.incじゃん!

そして、「ファミリー」ってことじゃん!と気づくのです。

図にはいろいろ書き加えたんですが、最終的にはこうなります。

f:id:hacosato:20210220192019p:plain

最初は「でんぱ」がファミリーだと思ったけどちがったし、そのあと「我々」がファミリーだと思ったけどそれもちがったし、答えは人類がファミリーだったのです。

そして、この愛のネットワークの中では、うちわけのわちゃわちゃは別にたいした問題ではないんだな、と気づくのでした。


ということで、でんぱ組.inc『愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ』でした。

この歌詞、ちょうど1年前のいまごろ、ステイホーーーム🏡してたときに偶然見つけて毎日毎日見ていました。

いまはメンバー6人じゃなくて10人になったそうですけど、この歌詞のおもしろさは引き続きです。

YouTubeとってもよいから、興味ない勢もよければ見てみて〜。

でんぱ組.incはいままでこの曲のことも考えたことがあったのでした。

いま考えるとあれもこれもまだちゃんと文章にしていないんだな……⚡️

hacosato.hatenablog.com hacosato.hatenablog.com hacosato.hatenablog.com

こういう歌詞とっても好きなのでまた書きます〜!!

愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ

愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ

  • 発売日: 2020/04/15
  • メディア: MP3 ダウンロード

*1:見坊行徳・稲川智樹『辞典語辞典』(2021)