5日と20日は歌詞と遊ぼう。

毎月5日と20日に、J-POPやボカロ曲などの歌詞を読んだり、統計したりしています。twitterは@hacosato。

計量言語学的分析で、西野カナさん曲の主人公ちゃん彼氏遍歴を可視化する!


こんにちは。
今回は西野カナさんのすべての楽曲を、計量言語学的なアプローチから、恋愛のフェーズごとに分類してみたいと思います。
そして、カナやん曲の主人公ちゃんがいつ新しい彼氏さん付き合って、いつ別れたのかを可視化しようと思います♪
いちおう書いておきますが、今回は西野カナさん自身の男性歴とかについて詮索する意図はぜんぜんありません! お遊びとして見てください!

まえがき

従来、西野カナさんは重いと言われ続けてきました。

特に『会いたくて 会いたくて』はね!

けど、最近の歌詞は違うよ!ってわたしは思います(ここまで前回の記事の引用)。
最近の歌詞を見ると、もう雰囲気だけでぜんぜん違う感じがします。
hacosato.hatenablog.com
『GO FOR IT!』あたりからいい感じ! 昔と違ってカナやん曲の主人公ちゃん幸せそうだよ??
それを今回は定量的に示してみたいと思います!

方法

さて、Twitterで教えていただいたのですが、富永 愛『いきものがかり水野良樹山下穂尊の歌詞に関する文体的特徴分析:計量言語学的手法による』という論文があります。
http://opac.library.twcu.ac.jp/opac/repository/1/5717/14TOMINAGAAi20150315.pdf
計量言語学的手法でいきものがかりの歌詞を研究する論文です。
今回はこれを、西野カナさんに援用することで、歌詞を計量言語学的に分析したいと思います。わけても、恋愛のフェーズごとの分類は、わたしたちの関心に対して大きな手がかりになりそうです。
今回歌詞は歌ネットを出典としました。

ここに掲載のある全125曲を対象とします。
以後に出てくる分類は、すべてhacosatoひとりの内省による分類です。
今回は、西野カナさんの曲の主人公がぜんぶ同一の人物と想定することにします。主人公ちゃんと呼びましょう。

分類

ではさっそくやってみます。
わたしは大きなExcelのファイルをつくって、そこに全部の曲の名前を入れ、リリース時期順に並べました。スクレイピング術に乏しいわたしは、HTMLを正規表現でなんとかする方法を採りました。


さっそく、歌詞のジャンルを分類してみたところ、このようになりました。

ジャンル 度数 割合
恋愛 77 61.6%
友情 15 12%
高揚 13 10.4%
自身 7 5.6%
その他 7 5.6%

恋愛の曲の印象が強い西野カナさんですが、意外と恋愛の曲ばかりでもないことがわかります。
f:id:hacosato:20151005224506p:plain
恋愛と友情は見ての通り。
高揚とは、ライブ会場などで盛り上がりそうな歌詞のうち、恋愛要素がないものを指しています。
自身とは、自分自身のことについて内省的な歌詞のうち、恋愛要素がないものを指しています。
その他は、その他です。

ところで、アーティスト別の恋愛の曲構成比率は以下の通りです。

アーティスト 割合
西野カナ 61.6%
いきものがかり 52.27%
松任谷由実 87.94%
DREAMS COME TRUE 91.25%

西野カナさん、ほかの人に比べたら、ぜんぜん恋愛中毒じゃないじゃん!
ってことがわかりました。*1

幸福度

今回はこの中から、恋愛の曲に絞ってさらに細かく分類していきます。
分類の形として、富永さんの論文を援用しました。

タイプ1 過去未練型
タイプ2 過去非未練型
タイプ3 過去片思い型
タイプ4 過去追憶(ママ)
タイプ5 現在進行型
タイプ6 現在不安型
タイプ7 現在片思い型
タイプ8 現在冷却型
タイプ9 現在再燃型
タイプ10 現在応援型
タイプ11 現在未練型
タイプ12 未来成就型
タイプ13 未来期待型
この分類はとても優れていると思いますが、わたしはさらに拡張することを試みました。
一般に、両思いは片思いよりも幸福です。また、片思いは未練の思いよりも幸福です。
これをふまえて、わたしは上記のタイプを幸福度別に4つにカテゴライズすることにしました。
また、上記のタイプには、時間の前後関係があります。たとえば、現在再燃型は必ず現在冷却型のあとに来ると思われます。このフェーズの軸を、恋愛時間と呼ぶことにします。
それを踏まえて、幸福度と恋愛時間の2軸に、上記のタイプを整理し直しました。

番号 タイプ 幸福度 恋愛時間
1 過去追憶型 1.5 1
2 過去片思い型 -0.5 1
3 過去未練型 -1.5 1
4 過去非未練型 0.5 2
5 現在未練型 -1.5 3
6 現在応援型 1.5 4
7 現在片思い型 -0.5 4
8 現在進行型 0.5 5
9 現在不安型 -0.5 5
10 現在冷却型 -0.5 6
11 現在再燃型 0.5 7
12 未来成就型 1.5 8
13 未来期待型 1.5 9

図示すると、こうです。
f:id:hacosato:20151005224730p:plain
上記のタイプを、西野カナさんの各歌詞のうち恋愛の曲に割り当ててみました。
時系列に並べて移動平均を取ってみると、下記のようになりました。
f:id:hacosato:20151005225631p:plain
ピンクの太い線に注目していただきたいです! みなさん見てください! 明らかにマイナスからプラスに変わっています!
ほらやっぱり! 最近西野カナさんの曲明るいと思ったもん! 予想通り!!
ちなみに、直線で回帰してみると、2011年の6月付近でマイナスがプラスに転じます。『Thank you, Love』というアルバムがリリースされたあたり!

恋愛時間

今度は、恋愛時間を見てみます。
恋愛時間が5から7の間にある場合、主人公は恋愛中と思います。
実際に調べてみたところ、わたしがすべての歌詞を目視で確認したのと比べて、差異は3.9%しかなかったので、相当いい感じ♪
恋愛中を1、それ以外を0としてカテゴリカルデータにして、15区間移動平均を取ってみました。
こういう感じになります。
f:id:hacosato:20151005225119p:plain
この数字が高い時期は主人公ちゃんに彼氏がいて、低い時期には主人公ちゃんに彼氏がいないと思います。
わたしは、0.4あたりに境界があると思いました! それを考慮して図に追記すると、以下のようになります。
f:id:hacosato:20151005225654p:plain
結論が出ました!
ずばり、主人公ちゃんは2008年以降、最低4人のオトコと付き合ってるぞ!!
それぞれ簡単にまとめを書きます。

1期

1期に関しては、移動平均の関係上グラフがないんですが、わりと現在進行型の歌詞が多く見受けられます。
主人公ちゃんは進行中の恋愛を味わっていますが、いちいち不安がったり、嫉妬したりしています。

どれほどの濃い愛を味わって
今わたしを抱きしめてくれたのだろう
たとえば『I』という曲はこんな感じ。お、重い…。

2期

2期の彼氏の直前に『会いたくて 会いたくて』がリリースされます。

会いたくて 会いたくて 震える
君想うほど遠く感じて
このときには前の彼氏さんにまだ未練がありますが、もう彼氏さんは主人公ちゃんのそばにはいません。
主人公ちゃんも、踏ん切りをつけて、新しい恋に足を踏み入れたのでした。
たとえ どんなにどんなに強く
願ったってもう戻れないけど
遠い君を 見えない君を
想い続けて
君からもらった幸せはずっと
心の中で輝くの
忘れないよ
いつかこの声が
きっと届くと信じて
その恋の終わりを歌うのが『たとえ どんなに...』です。
なんか別れがポジティブになってる! 前とぜんぜん違う!!

2.5期

そのあと、主人公ちゃんはしばらくごちゃごちゃした恋愛してるみたいです。グラフは0.4を行ったり来たり。
それを象徴するのが『SAKURA, I love you?』です。

桜ひらひら 舞い落ちるたび君を思い出して
誰にも言えない 心の中でずっと叫んでる
最初だけ見ると、片思いかな?失恋かな?って感じの歌詞に見えるのに、
君とは違っていつも優しくて
がんばってしゃべってくれる
携帯ばっかりずっと見てないし
いつだって私だけ見てくれるのに
主人公ちゃんは「君」とは別の男性と桜を見に来ているのでした。私生活荒れてる…。

3期

そのあと、グラフはぽんと上に抜けます。
このときの勢いある感じとシンクロしているのが、わたしも大好きな『GO FOR IT!!』です。

「ずっと前からキミが好きでした」
Oh 精一杯の想いを全部 今すぐ伝えたいの
でも傷つきたくない 嫌われたくない
でも誰かに取られたくもない
勇気を出して
GO! GO! GO FOR IT !!
明日キミにメールしようかな
恋の始まり感ヤバいめっちゃよい!!
この曲は西野カナさんにとっても初めての現在応援型の歌詞になっていて、新しい扉をひとつ開けた感じが恋の始まりと重なり合っているところもとってもいいですね。
ただ、勢いよく突き抜けたグラフは、戻ってくるのも早かったのでした…。

4期

いまは主人公ちゃん、4期の彼氏さんと付き合ってるみたいです。
その始まりがこれですよ! 『好き』。

君が好きだと気づいたんだ
そんな事言ったら笑うかな
当たり前に見つめている
その笑顔が大好きだよ
めっちゃいいよね。めっちゃいいよね…。
この曲によって、主人公ちゃんは4年ぶりにクリスマスを彼氏さんと過ごした感じになっています。
それからずっと、グラフは高値安定です。最近の曲は、あ、いつものあのひとの話ね!って感じで聞けるから、もう安心なのです。
恋愛がうまくいかない間は、友情の曲がなんか増える傾向があるような気がします(たとえば『Best Friend』は1期と2期の間です)が、最近は友情がめっちゃ増えるなんてこともなく、だいぶ落ち着いている感じがします。
このまま主人公ちゃんには幸せになってもらいたいなってわたしはつくづく思ってるよ!
最近の幸せそうな曲聴いてると、こっちもうれしくなるからね!


ということで、西野カナさんの曲の計量言語学的分析、でした。
今回わたしは今回富永さんの論文を下敷きにしましたが、この論文が参考にした文献はひとつも押さえられていません。また、富永さんの論文もじゅうぶんに咀嚼したとはいいきれない感じです。
分析ももっと上手にできたかもしれません。たとえば、恋愛のフェーズごとの幸福度はわたしの内省で測ったものだし、それが順序尺度としては妥当でも、比例尺度じゃないはずなので、平均をとるのはまずいかもしれないなってところがあります。グラフをなめらかにするために、移動平均を使っちゃったんだよねわたし…。
というわけで、今後はもっとお勉強する必要があります!!
たとえば、これを読むとか。

http://www.uvm.edu/~cdanfort/research/dodds-danforth-johs-2009.pdf
というわけで、わたしもまだまだだね…。
読んでくださったみなさまにおかれましては、稚拙なお遊びにお付き合いくださりありがとうございました。もっとたくさん文献を読みたいなぁ。
あと今回、わたしはめっちゃExcel使ったり、めっちゃグラフ描いたりしたけど、きれいに見せるのほんと難しいな! もっと腕を上げたい…。
いままで西野カナさんの曲、少し読んできました。
hacosato.hatenablog.com
hacosato.hatenablog.com
hacosato.hatenablog.com
hacosato.hatenablog.com
でも、べつにめっちゃ大好きってほどでもありませんでした。
ところが今回、たくさん歌詞に目を通して、どんどん西野カナさんの歌詞が好きになってきました。特に最近の曲はだいっすきです!
これからもどんどんいい曲だしてくれたらいいなって思います♪ 楽しみにしてます。

*1:上記3人の恋愛曲比率は富永さんの論文経由の孫引きです。それぞれ原典は以下の通り。気になる。 伊藤雅光(1997)「ユーミン言語学」『日本語学』16巻 7号 明治書院 原有貴子(2008)「DREAMS COME TRUE 吉田美和の歌詞における語彙の計量的分析」東京女 子大学卒業論文