5日と20日は歌詞と遊ぼう。

歌詞を読み、統計したりしています。

ステキな歌詞は読書感想文のように - たむらぱん『ジェットコースター』

たむらぱん『ジェットコースター』のおはなし。

たむらぱん『ジェットコースター』歌詞

(公式で聴ける動画がこのSPOTの冒頭数秒しかない…かなしい……)

続きを読む

全身雨に濡れてしまうような気持ち - Eve『ドラマツルギー』

このツイートを読んだのでした。

このツイートにはリプライがたくさんついていて、「好い記事」「一見の価値あり」「読む機会を与えられて良かった」と、たくさんのひとが言っています。

わたしは、単純に全身雨に濡れてしまったような陰鬱な気持ちになりました。雨に濡れるのは、いやです。

ten-navi.com

続きを読む

ベートーヴェンの運命でもこんな再会ないぞ! - 虹のコンキスタドール『ずっとサマーで恋してる』

6月! 衣替え!! 夏だーっ!!🌈🏊‍♂️🏄‍♀️⛵️🍉🌻🍦🎇🌴

SUKIで SUKIで SUKIすぎるから
まるごとのアイを今 キミにあげたいのだーっ!!

冒頭のこの部分、ソナタ形式でいうところの提示部なんですよ!

ベートーヴェン『運命』でいうところの 「じゃじゃじゃじゃーーん じゃじゃじゃじゃーーーん」 の部分だとお考えください。

提示部が最後にぐいぐい変わるところが、この曲のめちゃくちゃSUKIなところ!!

最後まで聴いて! 読んで!

虹のコンキスタドール『ずっとサマーで恋してる』歌詞

続きを読む

「君」の世界は春の国 - 井上苑子『ファンタジック』

ほんとうは春のうちに書きたかったやつなんだけど、5月はまだ春だよね??

きょうは井上苑子『ファンタジック』の話をしにきました!!

この曲のサビはこういう感じ。

君が言った 君が言ったんだよ
慣れない笑顔も 無理した優しさも 全部 人生だ
春を待った ただ舞った花びらを 掬い取った
色付いてく 空の色に ずっと 見惚れていたこと
夢のようでした

この中で、手で触れるものは「花びら」しかありません。

花びらなんてほんとうに薄くてはかないものだし、それは触ったりつかんだりするものではなくて「掬い取った」ものとして描かれています。

この曲のサビには、手触りがぜんぜんないのです。

でもそれが「ファンタジック」な感じを引き立てていていい感じ。

きょうはこの歌詞のお話。

井上苑子『ファンタジック』歌詞

続きを読む

結婚式はあるけど、離婚式はない - スピッツ『若葉』

若葉の季節になったぞ!🌿

思い出せる いろんなこと
花咲き誇る頃に 君の笑顔で晴れた 街の空
涼しい風 鳥の歌声 並んで感じていた
つなぐ糸の細さに 気づかぬままで

いまの時期になると思い出すのがスピッツ『若葉』。

なんとなく「花咲き誇る頃」っていう歌詞に、わたしはツツジを重ね合わせてしまいます。

スピッツ『若葉』歌詞

続きを読む