5日と20日は歌詞と遊ぼう。

歌詞を読み、統計したりしています。

テーマソングを作詞しようとするわたしは #ひとりじゃないって最強だ に至れるのか - Snow Man『ナミダの海を越えて行け』

こないだわたし、「テーマソング」ってお題で歌詞を書いたのです。

…っていうと仕事で作詞をしているみたいですがまったくそんなことはなく、オンラインの作詞ワークショップに参加したのでした。楽しかった!

わたしはそこで無事天下を取ったわけなのですが(?)、そんなことよりかねがね思ってたことがあるんです。

前にツイートしたこともあるんですけど、「テーマソング」で作詞するのって難しくないですか?

なぜなら、テーマソングは幅が広すぎるから。

テーマソングって、なにか対象の毎日のBGMになるようにひろーいスコープを持たないといけないけど、でもスコープが広いだけだとぼんやりした印象の薄い歌になってしまうと思うんです。

そのスコープの中から、歌詞になる部分を上手に抽出するところに技術がいるんですよね。

ちょうど1月20日発売の曲の中で「テーマソング」がひとつあったので、きょうはそこから。

Snow Man『ナミダの海を越えて行け』の歌詞の話をします。

この曲も、めっちゃよくできてるんですよ……。

今日はそういう話。

Snow Man『ナミダの海を越えて行け』歌詞

(執筆時発売前なので歌詞サイトに出てないじゃん…って思ったんですけど、なんとParaviのサイトに歌詞が出ていた…ありがたい…🙏)

「ハコサトっちゃん、この番組のテーマソングの作詞、あしたまでにお願いね〜」

わたしお正月にこれ見てたんです。

それSnow Manにやらせて下さい 地上波全国ネットお正月SP。

www.paravi.jp

で、番組の最後に『ナミダの海を越えて行け』のMV?が流れて、わたしは(改めて)衝撃を受けたのです。

なにこの歌詞…! よくできてるすぎる…!!

さかのぼりながらおさらいしますね。

この曲、「それSnow Manにやらせて下さい」っていうテレビ番組のテーマソングです。

で、「それSnow Manにやらせて下さい」っていうのは、Paraviによるとこういう説明です。

Snow Man初の冠レギュラー番組で過酷なミッションに挑む!"みんなが知りたい事"を体を張って調査!そこに待ち受けている試練とは…?

で、Snow Manっていうのは2020年デビューのジャニーズの人気グループです。さかのぼりおさらい終わり。

この番組「過酷なミッション」ってお手軽企画から結構なロケまでいろいろあります。

要はこの番組、一貫したテーマみたいなものってとくにないってことだと思うんです。

視聴者のみなさんも、Snow Manが映ってればそれでOK〜👌✨みたいな。

歌詞を作るためには、なにかの手がかり足がかりが必要なんですけど、状況はすごく漠然としています……。

そんな中、プロデューサーさんからこんなこと言われちゃったらどうします?

「ハコサトっちゃん、この番組のテーマソングの作詞、あしたまでにお願いね〜」(テレビ関係者のイメージが底浅い)

ベタ凪でなんにも凹凸がないじゃん…こまった……😥

とはいえ、すこし考えてみます。

たとえば。

「それSnow Manにやらせて下さい」という番組タイトルをにらんで、わたしならここまで思いつくかもしれないです。

これはキーワード、「挑戦」でいけません…??

夢に向かって前向きに「挑戦」する歌詞、世の中たくさんあります。

LiSA『紅蓮華』

どうしたって!
消せない夢も 止まれない今も
誰かのために強くなれるなら
ありがとう 悲しみよ

Official髭男dism『宿命』

奇跡じゃなくていい 美しくなくていい
生き甲斐ってやつが光り輝くから

ゆず『栄光の架橋』

いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある
だからもう迷わずに進めばいい
栄光の架橋へと…

だが。

これらの歌詞、それぞれ夢に向かって前向きに進む、という以上の要素の盛り込みがあるんですよね。

LiSA『紅蓮華』なら「ありがとう 悲しみよ」という発想の転換(悲しみはふつうはありがたくない)があります。

Official髭男dism『宿命』は、その前向きな気持ちに「宿命」という少しずらした意外性ある名前をつけるところにおもしろさがあります。

ゆず『栄光の架橋』は、進む行き先を「栄光」自体ではなくて栄光の架橋にところに設定したところに新規性が…いや、この話それぞれ数千字になるやつだ……。

とにかくただの「挑戦」を超えたフックがそこにはあるんですよね…わたしにそれができるのか? 無理では…??

ということまで踏まえて、答え合わせをします!

『ナミダの海を越えて行け』のサビはこういう感じです。

ああ、しょっぱいぜ!ナミダの海越えて
無理難題な夢をまた見ような?
風に走れ 汗かいて 転げて その身を焦がせ

舞台を海に設定して、そしてそこに「ナミダの海」という名前がつきました。

なーるーほーどー!!

ここまで決まっていると、歌詞の要素はつぎつぎ勝手についてきます。

たとえばここサビの後半。

雨に打たれ 泥飲んで 踏まれて 花開け
『いつの日か』が今日の日に
目覚めない夢に
訪れるまで!

「海」「ナミダ」にかぶせて、「雨」「泥」みたいな水関係のワードが揃うと統一感が湧きますね。縁語です。

でも、こういうのに味をしめて、海の話ばっかりしていては歌詞に広がりが出ないんですよね…。

それを念頭に、『ナミダの海を越えて行け』サビの2回し目を見てみます。こういう感じ。

失敗の数だけ増えようが
間違いなんて誰が笑えようか?

これは…半径5mの歌詞から半径100mの歌詞へと華麗なるジャンプだ…!

身の回りの描写から離れて、ものごと一般の描写に切り替えることで風通しが良くなるやつです!!

しかもこの部分音のノリがすごくよくて、

1回し目:しょっぱいぜ
2回し目:失敗の

ってなってるんですよ。子音を合わせてある!!

母音を合わせるのは押韻でよくあるやつで、ラッパーが常用するしOfficial髭男dismも常用するやつなんですけど、母音じゃなくて子音合わせるのもそれはそれできれいなんですよ〜〜もっと省みられてほしい。

ところで、サビから読み始めてしまったんですけど、改めてAメロ。

帰り道の暗闇、遠くで誰か笑ってる
誰もいない街clap、朝を待つほどに長い夜だ
テールライトの灯り、最終便が走り去ってく
見送る事に 気付けば慣れていた

ここで気づくんですけど、Aメロでは主人公、ひとりなんですよね…。

「見送る事に 気付けば慣れていた」と歌われるということは、たぶん主人公の周りのひとたちは、主人公の元を離れて、夢に向かって旅立っていくのだと思います。

そんな描写のあと、Bメロはこういう風になります。

じゃぁ過ぎたる夢と諦めようか?
『今度こそは』を期待した手、(HEY!!)
何度も雲を掴んだって、 (HEY!!)
運命は自分が決めたろう? (HEY!! HEY!!)

先ほどの半径の話に引きつけると、ここは半径0mの話。

BメロではAメロと違って、客観的な描写ではなくて、主人公の内面の描写に変わります。

曲調の変化と歌詞の内容が連動するのが気持ちいい〜〜ってなるやつです。

歌詞の内容でいうと、ここで主人公は自分の内面と対峙するんですよね。

今までは見送る側だったけれど、実は主人公の中にはくすぶる夢があります。

「じゃぁ過ぎたる夢と諦めようか?」とは、ほんとうはじぶんはその夢を追いかけたかったんじゃなかったっけ?という自問です。

その自問、答えはもちろんYESです。

そしてサビへとつながります。

ああ、しょっぱいぜ!ナミダの海越えて
無理難題な夢をまた見ような?
風に走れ 汗かいて 転げて その身を焦がせ
失敗の数だけ増えようが
間違いなんて誰が笑えようか?
雨に打たれ 泥飲んで 踏まれて 花開け

これ、歌詞全体で夢を諦めていた主人公が、やっぱりその夢に火を灯す(しかも海の縁語を提げて)、という物語が描かれているんですよね、天才か?

これを端的にいうと、こうなります。

#ひとりじゃないって最強だ

↑これ、「エイベックスオフィシャルサイトがアーティスト写真と共に掲載した「#ひとりじゃないって最強だ」のハッシュタグもファンの間で大きなムーブメントとな」ったハッシュタグです。

news.yahoo.co.jp

歌詞が先なのか、ハッシュタグが準備されていたのかはわかんないんですけど、この符号、偶然にしてはできすぎで、気付いたときわぁぁ〜〜ってなりました。

わたしからは以上です。


ということでSnow Man『ナミダの海を越えて行け』でした。

冒頭の話に戻るんですが、作詞をやったのはマジで3年ぶりぐらいでした…。

こういうブログ書いてると、
「批評家気取りやがって!」
「歌詞はロジックよりパッション!」
「作った人そんなこと考えないと思いますよ…」
って言われがちだったので、たまにはと思って作るほうに手を出してみました。

そうするとやはり既存の歌詞のすごさばかりに目が向いてしまってこんな文章を書いてしまいまして……。

というのが今回の記事のいきさつなんですけど、できれば両方できる最強の歌詞芸人になりたいので、今後のハコサト先生の活躍期待してください✨

冒頭の話はおしまい。

ところでSnow Man『君の彼氏になりたい』っていう名曲がありまして、ほんとはそっちの話もしたかったのについ新曲に目が向いてしまった……。

機会があったらもっかいスノやります!

スノYouTube解禁はたいへんうれしいんだがまだサブスクないよね? 待ってるからね??

Grandeur(CD+DVD)(初回盤B)

Grandeur(CD+DVD)(初回盤B)

  • アーティスト:Snow Man
  • 発売日: 2021/01/20
  • メディア: CD