5日と20日は歌詞と遊ぼう。

毎月5日と20日に、J-POPやボカロ曲などの歌詞を読んだり、統計したりしています。twitterは@hacosato。

ほんとうの自分は、はかない。 - モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』

ハコサトのこの曲がアツい2016年6月5日大賞は、この曲です…!
じゃーん!!

というわけで、今回はモーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』です♪
この曲のミュージックビデオこういう感じで、きらきらの文字がばばーんって出るんですよ!
f:id:hacosato:20160521123739p:plain
それのコラが流行した結果、Twitterではこういうことになっていました。
ジャニーズとかの映像に合わせるのが流行ってたのです♪




なるほど最高だな。
からの、踊ってみたも流行しました。
かわいい。
かわい…い。
というわけで、こんな最高の曲がどうして最高なのかって話をします。まあ、最高だから最高なんだけど。

モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』歌詞(歌ネットへリンク)

本当の自分と偽りの自分

この曲は、本当の自分偽りの自分が対になって描かれています。

派手じゃないだけで地味な子とか
大人しいとかわかってないね
そんなことじゃきっと週末になりゃ
びっくり腰抜かす うふふ
「派手じゃない」「地味な子」「大人しい」とかいう世間の風説を「わかってないね」と主人公は一蹴します。
「派手じゃない」「地味な子」「大人しい」という評価は、偽りの自分です。

聞いて 私
本当はもっと凄いのよ
ブルーライト消して
遊びに出かけましょう
Bメロに出てくるのは「本当はもっと凄いのよ」という告白です。ここには本当の自分がいます。
ブルーライト」に照らされているのが偽りの自分であるのに対して、それを消すことで本当の自分が姿を現します。

サタデーナイト!
日々のあれこれ 思い切って後回して
踊りたい!
誰も彼もが日本の主役だ
サタデーナイト!
恋は泡沫 もうどうせなら振り回して
止まらない!
本来の心がうずいてる
Do it dance!
そしてサビに出てくるのは本当の自分です。
「日々のあれこれ」を「後回して」「踊りたい!」って表明するのが、この主人公にとっての本当の自分です。

パート 内容
Aメロ 自分に対する世間の評価(偽りの自分
Bメロ 評価が違うということを表明(本当の自分の登場)
サビ 本当の自分が踊る

というのが、この歌詞の全体的な構図になっています。

はかない本当さ

この歌詞には本当の自分偽りの自分が登場します。
その形式的な見分け方はとってもカンタンで、「!」が付いているかどうかで判断できると思います♪
さっきまでの連を見てみると、AメロにもBメロにも「!」はなかったのに、サビには「!」がたくさん出てくるのでした。めっちゃわかりやすい。

ということはですね、ブリッジの語りの部分も、どういう内容なのかカンタンにわかります。

ハーイ!そこの兄ちゃん姉ちゃん!
よってらっしゃいみてらっしゃい!
ねえ、知ってた?この曲、あと58秒で
終わっちゃうんだって! 「えーっ?」
しけた顔しちゃもったいないもったいない!
この際一緒に踊っちゃお!
語尾は「!」と「?」ばっかり。つまりここは本当の自分に関する連です! 最高だ!

ところで、この歌詞の本当の自分に関する部分は、どれも共通するある要素が付随しています。
それは、はかなさです。

サタデーナイト!
日々のあれこれ 思い切って後回して
踊りたい!
誰も彼もが日本の主役だ
「サタデーナイト」は、1週間の中のたった1日のそのまた一部分です。サタデーのナイトはほんの束の間で、気づくと朝になっちゃうし、さらに翌日になるともう平日が始まってしまいます。
「サタデーナイト」はほんとに短くてはかないものなのです。

サタデーナイト!
恋は泡沫 もうどうせなら振り回して
止まらない!
本来の心がうずいてる
Do it dance!
さらに、サビ後半には「泡沫」ってことばが出てきます。「うたかた」は『方丈記』のむかしから、はかないものの代名詞でしたよね。
だからこの曲のタイトル『泡沫サタデーナイト』は、はかないものとはかないものがふたつ組み合わさったものなんですね! たんに言葉をふたつ並べただけじゃないのです。

ハーイ!そこの兄ちゃん姉ちゃん!
よってらっしゃいみてらっしゃい!
ねえ、知ってた?この曲、あと58秒で
終わっちゃうんだって! 「えーっ?」
しけた顔しちゃもったいないもったいない!
この際一緒に踊っちゃお!
さらに、このミュージックビデオの見せ場のひとつ「58秒」もそうです。58秒なんてあっという間で、この動画を見ながら58秒間でできることなんて踊ること以外にはそんなにありません。
やっぱりこの点でもとってもはかないのです。

そして、AメロやBメロにはそういう言葉がまったく出てこないってところも要注目です。
つまりこの曲は、本来の自分ははかないもの、っていうメッセージがだんだん透けてくるのです。
偽りの自分は、別にそうでもないのに。

本当の自分、というものを信じるのは、わたしは少しいまっぽくはないなと思っています。
本当の自分のことなんてだれもわかってくれない!とか、普段の生活では自分をつくろって生きてるんだ!とかって考えは、理解はできるけどじぶんには当てはまらない感じ。
10年前とかだったらそれもアリだったかもしれないけど、現代だったら違うんじゃないかなー。
なぜなら、本当のだれかを誤解してレッテルを貼るような社会は、昔に比べてとっても弱体化していると思うから。
いまは互いに誤解するようなひとたちとはもうみんな距離をおいていて、お互いに分かり合える人たちの中で閉じたコミュニティをつくっている印象があるんですよー。

こないだ読んだ本とだいたい同じ印象をわたしも持っています(この本は社会の情勢とJ-POPを照応させた章があっておもしろかったよ!)。

どうしてこの曲ではそういうスタンスをとっているのかというと、ひとえにちょっと前の時代を歌った曲だから、ってことだとわたしは思っています。
だいたい、土曜日は休日だし、おまけに翌日もお休みだしいまはしゃいでられるね!って考え方自体が、よく考えれば正社員っぽいし、少しレトロな感じがしますよね。いまは非正規で働いているひとたくさんいるし、土日が仕事ってひとも増えてるはず*1だもんね。
昔のモー娘。らしさを連れてこようと思ったら、そのころの時代背景も捉えたほうがリアルだし、そういうリアリティを追求するとこういう歌詞になるんだよね、ってわたしは思ったのでした。この作り込み!!



というわけで、モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』でした。
じつはわたしはこの曲の流行を知って、東京大学の学園祭「五月祭」に行き、ノギハロ!っていう企画に足を運んで、東大ハロプロ研究会のみなさんのお話を聞いてきたのです。
ほらあるじゃないですか。急に世間に媚びやがって、みたいな反応。あるいは外野が勝手にコラで盛り上がってるだけ、みたいな状況。そういうのあるのかなぁって思ってたのです。
そしたらぜんぜん違いました!

  • めっちゃいい曲! 『LOVEマシーン』の再来!
  • これを機会にもっとTV露出したらいいですね!

みたいな感じで、すごくハピネスに包まれた雰囲気でした。本来ノギハロ!の企画は、アイドルが踊っている映像をVRで体験する、ってやつで、それはそれでとってもおもしろかったんですが、わたしはそんなことそっちのけでハロ研の代表者さまおよび新入り1年生ハロオタ女子さまのアツいトークをお聞かせいただく、という謎な構図になっていました。ほんとはそんなコーナーじゃないのに時間を割いていただきましてほんとうにありがとうございました☆



このあと、「泡沫新規の方」と言ってくださった方および「いっしょにがんばりましょう」と言ってくださった方のアカウントに出会えたので、インターネットはヤバいと思いました☆
さらに、今回はLINEでもお知り合いのハロオタの方のお話を伺うことができてめっちゃ楽しかったです。ちょっと話が拡散しちゃうのでここではあんまり書かなかったんですが、メンバーさんの変遷があったからこのタイミングでこの世界観の曲を出してるのかも!って思うことがあったので、機会を見つけてまた文章にしたいです。
ハロオタのみなさんほんとにどなたもお優しくてありがとうございます♪♪

さて作詞作曲の津野米咲さんは、ほかにSMAP『joy!!』も手がけています。
今回の『泡沫サタデーナイト!』とめっちゃ似てるの! わたしの記事は稚拙だけど、この曲はすごくいいからみんな聞いて!!!
hacosato.hatenablog.com
それと、津野米咲さんがいる赤い公園の曲は、この2つを読んだことがあるので、ぜひ一緒に楽しんでください♪ どっちもほんとにステキなの! もっと流行ればいいのに。
hacosato.hatenablog.com
hacosato.hatenablog.com
それではまたね。サタデナイ!

次回は西野カナ『あなたの好きなところ』の歌詞を妄想するよ!

*1:と思って総務省のページに行ったら逆の結果だったのでおかしいなと思ってた。労働時間で比較するのと、労働日で比較するのとは違うからかなー。 http://www.stat.go.jp/data/shakai/2011/pdf/houdou2.pdf

広告を非表示にする